Créer mon blog M'identifier

シュプリームパーカーの紹介

Le 18 janvier 2018, 10:01 dans Humeurs 0

これを初めて紹介するのは、Travis Bickle Teeで、これはSupremeアイテムの最初の販売です。 ドレスのステッカーは、1974年のタクシードライバーのヒーローであったトラビス・ビクルでした。 タクシー運転手のトラビス・ビクル(Travis Bickle)は、政府の腐敗の仕組みを変えようとする空しい約束に満足しておらず、最終的に大統領を暗殺することを決めた。 映画のポスターの時に、この文章が印刷されました:各都市には、孤独人がいます。シュプリーム supreme ブランド パーカー 裏起毛 犬 服 ペアルック 暖かい 洋服 あたたか 個性 創設者James Jebbiaも同様の哲学を伝えるためにこれを使用しています。 Supremeの製品は、しばしば社会的な見出しや政治的な風刺で設計されています。 最も初期のTシャツは、経験豊富なSupremeのシングルプロダクトコレクターの1人であるClarence Nathanが所有しています。このTシャツには、100人以上のプロスケーターの署名があります。 これまでのところ、このTシャツはSupreme Unitedの公式オンラインバックグラウンドとして引き続き使用されています。

Supreme パーカー ブランド 犬 服 ペアルック 大人服 猫 服 ストリート系それは最高になると絶対にボックスロゴのティーを言及することはできません。 Supremeのコレクションでは、Box Logo Teeが一番象徴的なアイテムでした! その赤と白の古典的なデザインは、世界のボックスロゴの風を吹き飛ばした。 Box Logo Teeは、Supremeの起源だけでなく、ブランドの歴史や精神も表しており、米国の街頭文化においても重要な位置を占めています。

チャンピオン 優勝者の携帯カバー

Le 3 janvier 2018, 08:27 dans Humeurs 0

アップルは下り坂の扉を謝っているが、一部のアナリストはそれを買わない。 アナリストのDaniel Ives氏は、今週のCNBCとのインタビューで、Appleが主にiPhoneを購入していない消費者に対して謝罪したと語った。iphone8 ケース チャンピオン champion ブランド ストライプ ペア物

Appleは多くの消費者が新しい携帯電話を交換する準備をしているので、主に賢明な選択です、これらの消費者の数は350万人に達しています。 Appleは明らかにこの重要な瞬間に、自分自身のためにこれらの否定的な問題を避けたいと考えています。 Appleには市場にいくつかの誤解があり、問題を解決するために声明が必要な理由です。Champion iPhone8 ケース ブランド チャンピオン iPhoneX ハードカバー

その声明で、Appleは最初に不満な消費者を謝罪し、消費者は以前の携帯電話のパフォーマンス事件を誤解したと述べた。 意図的に製品の寿命を短くしません。

イブサンローランの綺麗な携帯カバー

Le 14 décembre 2017, 03:56 dans Humeurs 0

AppleはiPhone Xレーザーチップの供給業者であるFinisarに3億9000万ドルを投資すると発表しました。 これはAppleの10億ドルの先進製造基金の2番目の投資であると報告されています。 Finisarはこの投資を使用して、テキサス州シャーマンの70万平方フィートの施設をVCSEL(Vertical Cavity Surface Launch Laser)チップ用のハイテクR&Dセンターに変えます。iphone8 ケース iphoneX ブランド YSL イブサンローラン

実際には、我々はより精通しているiPhone Xの3Dセンシング技術が、Finisarはこの技術を提供するあまりにも多くの理解を持っていない可能性があります。 Finisarは1988年に設立され、カリフォルニア州サニーベールに本部を置き、約14,000名の従業員を抱えています。iphone8 ケース イブサンローラン ysl ブランド キラキラ オシャレ iphoneX カバー

現在、FinisarはAppleのiPhone Xハンドセットのレーザーチップサプライヤーであり、現在、すべてのiPhone XハンドセットにはFinisarのVCSELチップが3つあります。

AppleはFinisarに3億9000万ドルを投資しました。来年は3D検出技術を搭載した新しいiPhoneだそうです。 Appleのユーザーはこのニュースを聞いて非常に満足しています。

Voir la suite ≫