7月20日に発表された日本のライブドアのウェブサイトによると、米国アップルは19日に特許を行った。つまり、事件の周りのユーザーは指紋認証の緊急事態を経て警察に送られる。この機能は、ユーザーが緊急事態を達成するために使用することはできません以前の方法を使用することができます。

 ロック画面の状態であっても、今回はまた、この特許の使用は、ユーザーの目の下の "攻撃者"でも、ヘルプのために達成することができますIOSシステムの緊急事態、装備することができます。

iPhone8 ケース iphone7s フェンディ FENDI ブランド

 小指、薬指、小指、指紋入力の順にユーザーが、緊急時に端末プログラムを識別するために指紋を入力することができます。

 アラームをダイヤルする現在の方法は、この新しい技術で、ユーザーの下面の色が彼/彼女の携帯電話のロックを解除する "攻撃者"の要求に従うが、実際には緊急のために密かにされていることは知覚されやすいです。